過度なヘアケアについて

女性の薄毛や脱毛の原因のひとつに、キレイな髪の毛にしようと思うあまり、過度なヘアケアをしてしまい、頭皮に負担をかけて頭皮環境を悪くして薄毛や脱毛を招いてしまうこともありますから注意をしてください。


昔の人も「過ぎたるは及ばざるが如し」と言っていましたが、ヘアケアにも当てはまるようです。
過度のヘアケアには、シャンプーのし過ぎで頭皮や髪の毛に負担をかけることがあります。また、洗いすぎると必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮環境を悪くして脱毛になってしまうこともあります。

また、朝シャンプーをしている人も多いですが、朝のシャンプーは髪の毛も頭皮も傷めてしまい、抜け毛や脱毛につながってしまいます。その理由は朝シャンプーをすると必要な保護膜を洗い流した状態のまま紫外線を浴びるなど、髪の毛に刺激と負担をかけてしまうからです。

また、過度なヘアケアとは違いますが、シャンプーの洗い残しは頭皮や髪を傷めることはもちろんのこと、リンスの洗い残しは頭皮に炎症を起こさせる結果になってしまいます。特にリンスの洗い残しは毛穴を詰まらせて良い髪の毛が育つ邪魔をしてしまいます。

ひところは多くの人がシャンプーの後にはリンスを使用していましたが、洗い残しが毛穴を詰まらせるということで使う人がすくなくなり、トリートメントを使うようになっています。
そのため、できればリンスより、トリートメントを使うことをおススメします。

また、頭皮マッサージは頭皮の血行を良くするのでおススメですが、マッサージをし過ぎると。これも逆効果になってしまうので適度に行ってください。

メディプラスゲル 楽天

パーマや毛染めについて

女性が自分の脱毛に気が付いたときのショックは大きなものがありますが、その原因のひとつに、過剰なケアで頭皮にも髪の毛にも負担をかけてしまったために脱毛してしまうことがあります。

頭皮や髪の毛に負担をかけるものにはパーマや毛染めがあります。どちらも強い負担になりますので、美容院に行ったとき、パーマと毛染めを同時にやりたくても髪の毛への負担を考えればできません。そのため、面倒でも日にちをおいて、後から毛染めをするために美容院へ行きますが、それでも髪の毛にとって負担になります。

抜け毛や脱毛の原因になるとわかっていても、パーマも毛染めを止めるわけにいかないのが切ないところです。

パーマ液や毛染めの液は除草剤の毒に近い毒を持っているということなので、頭皮や髪の毛がいかにダメージを受けるか、想像を超えたものがあります。試しにパーマ液を雑草にかけると枯れてしまうといいます。
このような毒性があるパーマ液や毛染めの液ですが、現実的にパーマも白髪も染めないというのは無理がありできません。

美智子皇后様は皇室の伝統から毛染めができないので染めておられませんが、皇后さまは並外れた人格がにじみ出ているので、染めなくてもそれなりの美しさを保っておられますが、普通の人はなかなか皇后さまのようなわけにはいきません。

どうしても止められないパーマや毛染めですから、可能な限な限り回数を少なくすることや、薄毛や脱毛になる前から女性 育毛剤入りのシャンプーを使うとか、脱毛の兆しがみられたら、早めに女性 育毛剤でのケアをすることをおススメします。早めのケアが効果をあげます。

ジェイエステの公式サイトへ

過度なダイエットについて

「髪は女性の命」とさえ言われるほど女性にとっては大事でした。髪の毛次第で印象が変わってしまいます。素敵なヘアスタイルも美しい髪の毛があってこそできます。

多くの人が髪の毛のお手入れはしっかりやっていますが、ある日突然自分の脱毛に気が付いて衝撃を受けます。あるいは年と共に髪の毛も薄くなり、年だからと諦めながらも鏡に映った自分の抜け毛や脱毛に言いようのない淋しさを感じることもあります。

できるものなら抜け毛や薄毛や脱毛ですが、脱毛の原因の一つに「過度なダイエット」というのがあります。
過度なダイエットで食事を減らして、その結果髪の毛に栄養が届かなくなるために脱毛を招いてしまいます。

人間の体は上手くできていて、もしも体内に栄養が不足すると、体の必用な部分に先に栄養が行き、命に別状のない髪の毛は一番最後にされて、そして栄養が届きません。その結果栄養不足になった髪の毛は、抜け毛や薄毛、そして脱毛などの症状を招きます。

過度なダイエットまでしなくても栄養不足ではキレイな髪の毛が期待できませんから、普段の食事もバランスの良い食事を心がけて摂りたいものです。
また、ホルモンのバランスが崩れることからも抜け毛や脱毛になってしまいますから、脱毛などを防ぐにはホルモンバランスを整えることでも予防ができます。

ホルモンバランスを整える方法としては、バランスの良い食事と、早め早起きの決まりの良い生活習慣を心がけてください。そして、女性ホルモンのひとつ、イソフラボンと同じ働きをするといわれる大豆を積極的に摂るのもおススメです。大豆製品には、お豆腐や納豆、高利豆腐ほか様々あります。

銀座カラー 口コミ